1:2014/09/10(水) 10:32:14.65 ID:
◇親善試合 日本2―2ベネズエラ(2014年9月9日 日産スタジアム)

もはや黙っていられなかった。アギーレ監督は通訳に確認してから日本語で叫んだ。「集中!集中!」。
前半は細貝、柴崎が相手の激しいプレスに屈し、自陣深いエリアでパスミス。後半は水本がPKを献上し、
GK川島が痛恨のファンブルで2失点を喫した。0―2と惨敗したウルグアイ戦に続き、またもミスの連続で
初勝利を逃した。

今後の課題は火を見るよりも明らかだ。「2試合で4失点は多すぎる。ミスは全て決められている。まず、
より守備を堅くする。ボールを持った時はより早く動く。オプションを与えないといけない」。だが動きを強制、
規制するつもりはない。「指導したこと以外にも自由にプレーしろ、と伝えている。私はアイデアを与えるだけ。
それを発展させるのは選手自身だ」と言った。

ベネズエラ戦では非情な采配も見せた。FWの大迫、柿谷を前半のみで交代。給水する水本の頬を叩き、
気合を入れ直させた。ミスで敗れたウルグアイ戦後、全員に見せた映像に強烈なメッセージを込めた。
本田がFKを蹴ろうとした瞬間、ウルグアイの壁が審判の目を盗み、本田に近づくシーンだ。この日の采配にも
勝利への異常な執念を感じさせた。

アギーレ監督は11月までを来年1月のアジア杯に向けた選考と位置づけている。この2試合でも18人を
起用した。「次のリストを見れば誰が良くて良くなかったか分かる」と早くも“合否”の線引きは始まった。
「ミスの責任者は私だ。親善試合のミスはむしろ喜んでいる。アジア杯では出ないようにしたい」。
就任から2戦勝ちなしは02年のジーコ監督以来の屈辱。だが、アギーレ監督の視線には目指すべき道が
見えている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140910-00000070-spnannex-socc
8:2014/09/10(水) 10:34:55.47 ID:
ゆとり世代は殴られたことないのに、叩いたらだめw
16:2014/09/10(水) 10:36:20.22 ID:
アギーレ日本語覚えるのはやい
26:2014/09/10(水) 10:37:42.65 ID:
柴崎、磯貝、水下、川島アウト~
33:2014/09/10(水) 10:38:42.50 ID:
1年で帰りそう、最初から飛ばしすぎてだいじょうぶかw
53:2014/09/10(水) 10:41:00.59 ID:
自滅の2失点はいたいよなw
まじに勝ちゲームだったわ
56:2014/09/10(水) 10:41:58.07 ID:
>>1





サッカー=体罰
61:2014/09/10(水) 10:42:42.01 ID:
体罰玉蹴り
67:2014/09/10(水) 10:43:22.38 ID:
また





日本サッカー完全否定





w
75:2014/09/10(水) 10:44:28.14 ID:
野球がまた肯定されたなw
88:2014/09/10(水) 10:45:40.21 ID:
サカ豚



右往左往
89:2014/09/10(水) 10:45:40.55 ID:
長友はクラブではクロスしてもシュートで終れるけど
代表では誰も合わせられないからカウンターになるんちゃうか