ハリルJAPAN2chまとめ

あなたがチェック中のハリルJAPAN2chまとめの注目されている情報を分かりやすく掲載している重要サイトになります。これ以外にも、あなたに是非知ってほしいハリルJAPAN2chまとめに関する大切な情報もご覧いただけます。これからすぐチェックしてみて下さい。


    1:2015/04/16(木) 17:54:54.86 ID:
    時事通信 4月16日(木)17時49分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150416-00000095-jij-spo
     サッカー日本代表のハリルホジッチ監督が16日、東京都内の在日フランス大使館に同国のカネール都市青少年スポーツ大臣を表敬訪問した。
    同大臣との会談後、「フランス代表と試合を組んでもらえることを待っている。パリか日本で試合ができれば、かなりうれしい」と語った。

     ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の監督はフランス生活が長く、現役時代は同国でプレーし、
    引退後はパリ・サンジェルマンやリールなどの監督を歴任。フランス国籍を有している。
     監督が日本で新たな冒険を経験していると伝えたフランスのスポーツ誌レキップの記事をカネール大臣から手渡され、
    「私に関する記事は一回も読んだことがない。初めて知った。テレビ、記事は全く見ない」と言いながらも、笑顔で受け取っていた。 
    2:2015/04/16(木) 17:55:36.85 ID:
    前回勝ってるから向こうもリベンジしたくて実現するだろ
    14:2015/04/16(木) 17:58:50.78 ID:
    松田の意味不明な無駄上がりからのロストで同点に追い付かれたハッサン2世杯はもう何年前になるのだろう
    試合前にバルテズがナメた発言してたからあの試合勝てなかった事は本当に悔しかった
    21:2015/04/16(木) 18:00:37.78 ID:
    >>14
    あの試合個人的代表ベストマッチやわ
    【【サッカー】ハリル監督「フランス代表を試合を組んでもらいたい」】の続きを読む

    1:2015/03/31(火) 22:16:15.17 ID:

    柴崎の長距離弾に岡崎2戦連発 宇佐美&川又初ゴールで5発大勝/日本代表速報
    ISM 3月31日(火)21時15分配信

    日本が岡崎の2戦連発弾などで5対1で大勝した。(Getty Images)

     日本代表は31日、国際親善試合のウズベキスタン戦に臨み、5対1で勝利した。

     2対0と勝利した27日のチュニジア戦から、スタメン11人を総入れ替えしてこの試合に臨んだ日本は、立ち上がりの
    6分に先制。乾のCKがGKに弾かれると、こぼれ球を青山が豪快にボレーで叩き込んで代表初ゴールをマークした。

     1点リードで前半を折り返すと、後半立ち上がりの54分、途中出場の太田の左サイドからのクロスに、岡崎が頭で
    合わせて追加点。岡崎はこれでハリルホジッチ体制2試合連続ゴールとなった。

     ハリルホジッチ監督はその後、宇佐美、柴崎、大迫を立て続けに投入。宣言通りに、今合宿に呼んだすべての
    フィールドプレーヤーを、2試合を通じて起用した。すると迎えた80分、相手CKのピンチを凌ぐと、柴崎がGKの
    位置を冷静に見極め、ハーフウェイライン付近からロングシュートを決めて、3点目をマークする。

     その後、82分に1点を返されるも、1分後に途中出場の宇佐美が自ら仕掛けて代表初ゴールを記録。すると
    終了間際にはCKから川又も代表初ゴールを奪い、5対1で大勝。新体制発足後2連勝を飾った。

    最終更新:3月31日(火)21時15分ISM
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150331-00000026-ism-socc

    【動画】
    全ゴールハイライト 日本代表VSウズベキスタン代表 5-1
    2:2015/03/31(火) 22:17:16.09 ID:
    こんな強いのに、アギーレ監督だとアジアカップ1回戦負けwwwwww
    遠藤と本田中心の遅攻サッカーwwwwwwww

    ハリルの速攻サッカー最高!!!!!
    3:2015/03/31(火) 22:17:57.32 ID:
    本田と香川は不要ということですね。わかります
    4:2015/03/31(火) 22:18:35.40 ID:
    宇佐美天才すぎる
    ノーモーションで強烈シュート
    日本人でこんな選手いなかった
    【【サッカー】ハリルジャパン強すぎワロタwww ウズベキスタンをフルボッコにwww】の続きを読む

    1:2015/04/10(金) 05:40:43.90 ID:
    最新のFIFAランキングが9日に発表され、日本は3つ順位を上げて50位となった。
    アジア勢では40位のイランに続く2番目。
    14日にクアラルンプールで開催されるW杯アジア2次予選抽選会のポット分けは、今回のFIFAランクに準ずるため各国のポットが確定した。
    今予選から新方式となったことで、日本にとっては未知の戦い。厳しい組み合わせになる可能性がある一方で、
    くみしやすい“幸福の組”に入ることも考えられる。

    19年アジア杯UAE大会予選も兼ねる今予選は新方式を導入した。
    最終予選に進出できるのは、各組1位と2位の成績上位4チームの計12チーム。
    前回のW杯ブラジル大会予選で3次予選から登場した日本にとって未知の戦いとなる。
    アジア連盟からのポット分けの正式通達は近日中の見通しだが、日本協会関係者は「今回のFIFAランクに準ずるという認識。
    このポット分けでまず間違いない」と説明した。

    抽選次第では日本、ベトナム、モルディブ、ブータン、グアムといった比較的楽な国ばかりがそろう可能性もある。
    ブータンは「幸せの国」として知られており、同組になれば文字通り“幸福の組”と言えそうだ。
    02年W杯日韓大会オセアニア予選ではオーストラリアが米領サモアに31―0で大勝し、トンプソンは1試合13得点を記録。
    2次予選からのスタートは日本歴代3位の国際Aマッチ通算43得点の岡崎(マインツ)には、一気に55得点の三浦知(J2横浜FC)に迫るチャンスでもある。

    一方で第2ポットには4度のW杯出場経験を誇るサウジアラビア、第4ポットにはW杯ブラジル大会アジア予選でアウェーで苦杯をなめた北朝鮮などがおり、
    厳しい組に入る可能性も十分。
    日本の初戦は6月16日にアウェーで第4ポットの国との対戦になる見通しで、
    いきなり平壌行きを強いられることも考えられる。天国か、地獄か、注目のドローは4日後に迫っている。

     ≪W杯アジア2次予選抽選会ポット分け予想≫

     【第1ポット】イラン(40)、日本(50)、韓国(57)、オーストラリア(63)、UAE(68)、ウズベキスタン(73)、中国(82)、イラク(86)

     【第2ポット】サウジアラビア(95)、オマーン(97)、カタール(99)、ヨルダン(103)、バーレーン(108)、ベトナム(125)、シリア(126)、クウェート(127)

     【第3ポット】アフガニスタン(135)、フィリピン(139)、パレスチナ(140)、☆モルディブ(141)、タイ(142)、タジキスタン(143)、レバノン(144)、インド(147)

     【第4ポット】☆東ティモール(152)、☆キルギス(153)、北朝鮮(157)、ミャンマー(158)、☆トルクメニスタン(159)、インドネシア(159)、シンガポール(162)、☆ブータン(163)

     【第5ポット】マレーシア(164)、香港(167)、バングラディッシュ(167)、イエメン(170)、☆グアム(175)、☆ラオス(178)、カンボジア(179)、台湾(179)

     ※ ()数字は最新FIFAランキング、☆は日本との対戦経験がない国

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/04/10/kiji/K20150410010141170.html
    2015年4月10日 05:30

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/04/10/gazo/G20150410010144000.html
    日本代表のハリルホジッチ監督
    19:2015/04/10(金) 07:06:05.37 ID:
    >>1
    ブータンに対して失礼すぎる
    もしかして>>1は韓国人か?
    24:2015/04/10(金) 08:22:48.76 ID:
    この新方式はよくないね、ブータンとかフィリピンとか格下相手に大差でなっても何も成長ないし、ケガする恐れもあるよ。やっぱり今までみたいに弱小国は先にふるいにかけたほうがいいよ。
    30:2015/04/10(金) 08:52:09.91 ID:
    最終予選12国ってのがなぁ 4×3なのか6×2か分からんが 厄介っぽい
    【【サッカー】初戦で北朝鮮と対戦も…ハリルJ W杯2次予選抽選のポット分け確定】の続きを読む

    このページのトップヘ